FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200818]

PolyRhythmic LP
(1998/07/14)

Kate Simko & London Electronic Orchestra 商品詳細を見る


2016年のアルバムで現在までの最新作になります。London Electronic Orchestraとのコラボレートという形を取っていますが、London Electronic OrchestraはKate Simkoが主催するオーケストラであり、Electronic、つまりサンプリングも含めた簡易オーケストラになっています。生楽器も使っていて、オーケストラによるフォークトロニカになっています。

1. Dark Delirium
2. Shikoku
3. Champa
4. Waiting Games
5. Tilted
6. Standchen
7. Stara
8. One Time Game
9. XX Intro
10. Cairo
11. Violin Duet No 1

エレクトロニカ色が強く、あまりオーケストラという言葉には期待しない方がいいです。ほぼサンプリング音源だけでもいいくらいの使い方なので、オーケストラという大風呂敷は広げない方が良かったと思います。それだけ少人数での生演奏なので、壮大な雰囲気はありません。それよりもプログラミングされたテクノ系のアレンジの方が主だっています。これは一人でやっても良かったんではないのかという感じです。

完全にソロ名義でのアルバムはファーストだけなので、コラボレートよりも自分で何が出来るかという作品に期待したいです。どちらかというとミニマル系なので、さほどテクノ癖を持っていないので、その方が個性的になれると思います。もういい加減エレクトロニカも多様な発展をしなければなりませんので、あまりテクノ感に固執しない方が面白くなると思います。

Dark Delirium
Shikoku

Champa

Waiting Games

Tilted

Standchen

Stara

One Time Game

XX Intro

Cairo

Violin Duet No 1
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/10356-cebdb18f
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ