FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20201021]

1968
(1998/07/14)

Pajo商品詳細を見る


2006年のアルバムです。これまでどおりギターによる弾き語りが中心ですが、一人マルチレコーディングでバンド演奏も加わってきます。タイトル通りのイメージだとすればフラワームーヴメントのイメージでしょうか。フォークロックとしての素晴らしい楽曲が続いていきます。

1. Who's That Knocking
2. Foolish King
3. We Get Along, Mostly
4. Prescription Blues
5. Insomnia Song
6. Wrong Turn
7. Cyclone Eye
8. Walk Through The Dark
9. Let It Be Me
10. I've Just Restored My Will To Live Again

ボブディランというよりバーズ、フォークロックやカントリーロック、そしてラガロックなどはバーズが生み出してきました。元々はビートルズがやっていた事を真似しただけなのですが、ビートルスは明確にジャンル分けしていなかったので、フォークロックやカントリーロックと明確に名称を設けたのがバーズでした。そこから誰もがそれに特化したスタイルを拡張していったのです。

そんなバーズの持つ爽やかなポップ性とちょっとディランっぽい気だるさを見事に再現しています。そしてオルタナを通過した感覚も加えた古さを感じさせないような表現にしているのが凄いです。素朴な感じはオルタナでしょうが、ポップ性はブリットポップにも近いです。そのものではありませんが、1968年という彼が持つイメージはちゃんと表現されていると思います。それにしても曲が良い。

Full Album
Who's That Knocking
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/10449-694b6d51
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ