FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070519]

Procol's Ninth Procol's Ninth
Procol Harum (2001/02/12)
Repertoire
この商品の詳細を見る


クリストーマスからジェリーレイバーとマイクストーラーに代わり、ポップな作品になりました。この時期にはハードロックもプログレも衰退し始めた時期で、生き残りをかけてどのバンドもアメリカ的なポップ性を取り入れるようになっていきます。プロコルハルムも例外ではありませんでした。

1. Pandora's Box
2. Fool's Gold
3. Taking the Time
4. Unquiet Zone
5. Final Thrust
6. I Keep Forgetting
7. Without a Doubt
8. Pipers Tune
9. Typewriter Torment
10. Eight Days a Week

ポップといっても彼らには品格があります。どの局もヒット性もありながら素晴らしい内容になっています。AORへの接近とも言われていますが、スーパートランプのような感じとでも言いますか、メランコリックでポップな愛すべき曲が満載です。実力がある人がやるポップスは本当に良い曲があります。ただそれがヒットに結びつくかというとなかなかうまくいきません。Eight Days a Weekは言わずと知れたビートルズの曲です。このカバーの仕方でもそのセンスが伺えます。

Pandora's BoxやFinal Thrustなど名曲とも言える曲ばかりです。ジェネシスがポップになった時よりも良いと思います。デヴィッドボウイもカバーしたI Keep Forgettingなど、ホーンセクションや木管楽器などの味付けはいままでに無いカラーで、かなりポップス形式になっています。元々R&Bバンドのパラマウンツが母体のバンドですので、この手のお音楽はお手の物のようです。プロコルハルムの作品としては異色の出来映えですが、ポップアルバムとしてはかなりレベルの高い作品です。隠れた名盤だと言えましょう。

Pandora's Box
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1053-c036fcc8
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ