FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060911]

The Inner Mounting Flame The Inner Mounting Flame
Mahavishnu Orchestra With John McLaughlin (1998/08/18)
Sony Jazz
この商品の詳細を見る


エレクトリックマイルスでギターを担当していたジョンマクラフリンが、一緒にセッションしていたビリーコブハムと結成したバンドがこのMahavishnu Orchestraです。キーボードは後にジェフベックとの共演やマイアミヴァイスなどで有名になるヤンハマーです。バイオリンのジェリーグッドマン、ベースのリックレアードの5人組です。

ジェフベックなどのギターフュージュンサウンドの原型を創ったバンドでもあります。マイルスやウェザーと違う点は、ヒンズー教に帰依しているマクラフリンがインド音楽をジャズロック化している事です。その為、バイオリンを起用しています。インド音楽家もバイオリンを使います。理由はフレットレスなので、半音の間の音階が出せる事です。ギターチョーキングでも出せます。ですからジャズ理論でも割り切れない構造をしております。そして変拍子の嵐。ビリーコブハムは変拍子を感じさせないほどの手数の多さで絶賛されていきますが、本人はこれらのプレイが嫌いだったようです。なぜマクラフリンはこんな大変なプレイを強要するのかと反発していたようです。ですから脱退後はシンプルなドラムパターンになっていきます。

1 Meeting of the Spirits
2 Dawn
3 Noonward Race
4 Lotus on Irish Streams
5 Vital Transformation
6 Dance of Maya
7 You Know You Know
8 Awakening

ジェフベックやゲイリームーアがいたコラシアムIIなど、ブリティッシュフュージュンに聴き親しんでいれば、違和感無く受け入れ易い音楽ではあります。しかしこの独特のコード感はインド音楽によるものです。しかしジミヘンのような攻撃的なプレイが気づかせないような仕組みになっています。バイオリンもジミヘンのようなプレイをします。ダリルウェイやカーヴドエアーなどではバイオリンは当たり前ですが、一般的ではありません。しかしインド音楽のジャズロック化には欠かせない楽器となっています。そしてまだシンセはありませんが、エレピを改造したヤンハマーとのトリプルリード、トリプルユニゾンが炸裂しまくります。

私が創った格言に、マクラフリンはマハヴィシュヌの名の下には半端はしない。というのがあります。他のソロアルバムではテクニックをひけらかすよりも楽曲を優先しますが、Mahavishnu Orchestraではパワー、テクニック全開で爆発しております。クレイジーと言ってもいいかもしれません。クラプトンはギターの神様ですが、格が違います。スティーヴヴァイも子供扱いです。ジェフベックもかないません。かなうとしたらアランホールズワースくらいでしょう。情感、スピード、表現力においてマクラフリンにかなうギタリストは存在しません。

マハヴィシュヌの下では半端はしませんので、Mahavishnu Orchestraの作品はみな名盤です。しかしこのファーストアルバムが一番攻撃的でロックファンにはお勧めです。変拍子の嵐ですからプログレファンにもお勧めです。しかし、元になっているのはインド音楽である事を理解しておいて下さい。そうしないとこの内なる炎には入り込めません。

Meeting of the Spirits

Dawn

Noonward Race

Lotus on Irish Streams

Dance of Maya

You Know You Know
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1099-d5b347f9
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ