fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20230428]

Meetings With Menmachines
(1998/07/14)

商品詳細を見る


85年のアルバムです。再結成のAmon Düül IIにも女性ボーカルのJulie Wareingが加わり、ポップなスタイルのロックを演奏しています。しかし、Chris Karrerがやっていたようなソウル系のポップロックとは違って、John Weinzierlが作り出すポップロックはプログレをコンパクトにまとめたような、器用なChris Karrerに比べると無骨な感じの雰囲気になっています。

1. Pioneer
2. The Old One
3. Marcus Lied
4. Confucius Say
5. Things Are Often Not What They Seem
6. Burundi Drummer's Nightmare

ボーカル曲はポップですが、歌がない部分ではプログレ的なシンセを活かしたアレンジになっています。シンセの使い方もとてもオールドウェイヴで、シンセポップ以降の雰囲気ではなく、プログレの延長線上にある感じです。なので、本来なら、こちらの方がAmon Düül IIらしい内容になっているようです。Chris Karrerの時代は全く別物に化けていました。

どちらにしても売れる要素はありません。時代遅れであり、懐古的であります。しかし、だからこそAmon Düül IIらしい内容になっています。オールドウェイヴの人がニューウェイヴに適応するというのはかなり困難で、私も当時はかなり戸惑っておりました。これまで培ってきたものを捨てて、新たな感覚を身につけなければならないのですから、日本でもオールドウェイヴの人が適応したのは土屋昌巳と布袋寅泰ぐらいのものだったと思います。私も二人を参考に四苦八苦していました。このバンドも結構苦労していますが、ニューウェイヴにはなりきれていません。

Pioneer
The Old One

Marcus Lied

Burundi Drummer's Nightmare
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/11792-ae97af20
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ