fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20240302]

O A e o Z
(1998/07/14)

商品詳細を見る


92年のリリースされた作品です。実際には73年にレコーディングされながらも、それまでの音楽性と全く違うものになったことでお蔵入りになっていましたが、次に出されたTudo Foi Feito Pelo Solが高評価であった事もありますし、ブラジルにおいて、かなり先を行っていた事もあり、再評価される風潮となり、このアルバムの正式リリースが行われました。

1. "A" E O "Z"
2. Rolling Stone
3. Você Sabe
4. Hey Joe
5. Uma Pessoa Só
6. Ainda Vou Transar Com Você

Tudo Foi Feito Pelo Solはフュージョンっぽかったですが、この作品は完全にプログレッシヴロックになっています。プログレではやはりクラシックの要素も重要であり、こちらではジャズよりもクラシックの要素が強くなっています。メンバーもまだオリジナルメンバーのArnaldo Baptistaもいますし、ベースはLiminha ですし、ドラムはDinho Leme と言う事で、Tudo Foi Feito Pelo Solの時のメンバーとは違いますから、音楽性も全く違います。

女性ボーカルのRita Leeが脱退した後の作品ですから、その影響が大きく、ポップな曲は無くなり、歌よりも演奏面での表現が多くなっています。これがリリースされていれば、バンドはもっと長生き出来たのかもしれませんが、サイケデリックな作風もテクニックが有り余るが故だったのかと思われるような、演奏テクニックに歯止めを無くしたような、活き活きとした演奏が溢れています。これだけすごいバンドだったにも関わらず、ポップであり続けてきたという才能溢れるバンドだったのです。普通のプログレファンでも黙らせられるほど素晴らしい内容になっています。

"A" E O "Z"
Rolling Stone

Você Sabe

Hey Joe

Uma Pessoa Só

Ainda Vou Transar Com Você
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/12153-e425b905
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ