FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070909]

Believe ItBelieve It
(2004/05/25)
Tony Williams

商品詳細を見る


レコード会社も一新して、新たなメンバーを集めてニューライフタイムを結成しました。メンバーは凄腕のアランホールズワースです。ジョンマクラフリンが優勝したイギリスのギターコンテストで翌年優勝した人です。このコンテスト、詳細は分かりませんが、相当ハイレベルなコンテストのようです。今や伝説ですね。そしてキーボードがアランパスカで、彼も後に有名になっていきます。

1. Snake Oil
2. Fred
3. Proto-Cosmos
4. Red Alert
5. Wildlife
6. Mr. Spock
7. Celebration
8. Letsby

アランホールズワースはソロ活動からソフトマシーンのフュージュン期に参加しており、脱退後このバンドに入っています。ですので、ここでのサウンドはモロフュージュンサウンドです。ジェフベックがやっていたフュージュンの感じです、ギターのテーマから展開していくパターンです。

アランホールズワースはエドワードヴァンへイレンが師匠と仰ぐほどのテクニシャンで、ここでも尋常じゃないプレイを聴かせてくれます。彼の場合は聴いていても凄いですが、見ているとその倍も凄い事をやっています。ちょっとしたイントネーションをつける為に、見ないと分からないようなテクニックを駆使しているのです。真のギター革新者と言えるでしょう。

私はジェフベックの影響でフュージュンを聴き出しましたので、この手のサウンドは大好きです。格好いいしトニーの攻撃性が見事にバンドに伝心していてバンドとしては一番充実していると思います。ゲイリームーアのいたコロシアム?とこのバンドは外せない必須アイテムだと思います。ギターフュージュンサウンドの名盤です。

Fred

Proto-Cosmos
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1306-641844a7

Cecil McBee and John Ramsey・ブルーノート・BN4000番台のドス黒ジャズは蒸し風呂熱帯夜にふさわしい・アナログレコードが再生産、なんだそうです・ジャズピアニスト 上原
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ