FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070922]

Let It BleedLet It Bleed
(2006/08/14)
The Rolling Stones

商品詳細を見る


ビートルズのレットイットビーに対してストーンズはレットイットブリードである。血を流せとは凄いタイトルである。ストーンズのアルバムは人によって好き嫌いがあると思いますが、好き嫌いに関係なく彼らの最高傑作はこのアルバムです。このアルバム以上にぞくぞくさせてくれるものはありません。、又ビートルズをずっと追いかけてきたストーンズでしたが、レットイットビーの後にポールの解散宣言を持って解散となりました。ストーンズはもう誰も追いかけなくて良くなったのです。しかも自分達がいくべき道が見えてきており、このアルバムから独走態勢に入ります。

1. Gimme Shelter
2. Love in Vain
3. Country Honk
4. Live With Me
5. Let It Bleed
6. Midnight Rambler
7. You Got the Silver
8. Monkey Man
9. You Can't Always Get What You Want

ブライアンジョーンズの追悼コンサートとしてハイドパークにて後釜のミックテイラーがファンに紹介されました。誰もがストーンズに入りたがっており、エリッククラプトン、ジェフベックも打診しておりました。彼らが入ればそれこそスーパーグループになっていたでしょうが、特出してうまいギタリストが入るとバンドのバランスが崩れますのでクレバーな彼らは丁重にお断りしています。ミックテイラーですが、クラプトンの後にジョンメイオールのブルースブレイカーズにいたギタリストでブルースギターはお得意です。SGが彼のトレードマークだったイメージがあります。

そしてこのアルバムには豪華なゲストが参加しています。レオンラッセルにアルクーパー、ゴスペル調のコーラスを聴かせるメリークレイトン、そして問題がライクーダーです。アメリカでネイティヴな音楽に精通していた彼がイギリスに呼ばれていきましたがスタジオにはストーンズのメンバーは不在でした。仕方なくリハーサルをしていたのですが、ストーンズもリハーサルの段階からテープを回しています。そして翌日スタジオに行くとストーンズのメンバーがいて演奏していたのですが、明らかにライクーダーのフレーズを盗用していたのです。怒った彼はそのままアメリカに帰りました。

これでクレームがついたアルバムになってしまいましたが、ライクーダーがスタジオに行かなくてもレコードからでも耳コピーをしているストーンズですので、遅かれ早かれ彼のフレーズは盗まれていたでしょう。ですからストーンズのメンバーには悪気はありません。せっかく来たので演奏していって金を受け取ってくれと言うのがストーンズ側の意思でした。しかしこの件によりケチがついた形になりましたが、内容はそんな問題など吹き飛ばすくらいに素晴らしいものになりました。

11thを活かした、ロック的に言えばsus4のコード進行で始まるGimme Shelterはグランドファンクもカバーしている名曲でありまして、歌詞も凄いですが何よりもメリークレイトンのパワフルなコーラスが格好いいです。ロバートジョンソンのLove in Vainのカバーもいい味を出しています。この曲はスライドギターの教則本に載るくらい有名な曲ですが、ミックテイラーがスライドギターを披露しています。Country HonkはHonky Tonk Womanをカントリー調にアレンジしたものです。

前作の悪魔を哀れむ歌から始まった同じコード進行でも徐々にテンポアップしていき最後まで飽きさせず聴かせると言うファンク的な流れを持つ曲が多数あります。Gimme Shelter、Live With Me、Let It Bleed、Midnight Rambler、You Can't Always Get What You Wantがそうですがどれもライブでは欠かせない曲になっています。特に合唱が入ったYou Can't Always Get What You Wantは雄大なスケールを持たせています。キースが歌うカントリーブルースのYou Got the Silver、そしてアレンジが一番格好いいのがMonkey Manです。まさしくミックジャガーの為にあるような曲です。カッチョイイー!いろいろとケチのついたアルバムですが、ここにはストーンズの全てがつまっています。これ以上無い最高傑作であります。そしてミックテイラーが入って第二期ローリングストーンズの幕開けとなった作品です。

Gimme Shelter

Love in Vain

Country Honk

Live With Me

Let It Bleed

Midnight Rambler

You Got the Silver

Monkey Man

You Can't Always Get What You Want
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1338-4f592a7c

JUGEMテーマ:音楽 ロック・ブロガーとなり早三年…王道を云々と言いながら、まったく書いたことなさそうなのが、ローリング・ストーンズ。我輩はロック・ファンとして誠に不敬な輩で、「ストーンズは過大評価されすぎなんじゃないか…」と周辺にうそぶく始末…とい?...
2008-11-22(Sat) 02:29 | 4番、サード、 いたち野郎 
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ