FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20071030]

78 in the Shade 78 in the Shade
The Small Faces (2005/04/19)
Wounded Bird
この商品の詳細を見る


ハードロックだけではなくバラエティー溢れる内容にした再結成第二弾です。ウィングスにいたジミーマッカロウがゲスト扱いでギターを弾いています、ステーヴマリオットもギターの腕はいいのですが、ツアーではもう一人ギタリストが必要だったようです。そしてそのままこのアルバムでも参加させています。

1. Over Too Soon
2. Too Many Crossroads
3. Let Me Down Gently
4. Thinkin' About Love
5. Stand by Me (Stand by You)
6. Brown Man Do
7. Real Sour
8. Soldier Boy
9. You Ain't Seen Nothin' Yet
10. Filthy Rich

当時はパンクスが出始めた頃で、既にハードロックは時代遅れになっていました。どんなに多彩な音楽性を魅せても駄目でした。ですからスモールフェイセスの再結成はあまり評判はよくありませんでした。特にハンブルパイで充分だったのです。しかし現在改めて聴いてみるとその出来映えは素晴らしいもので、フリーの後期にアンディーフレイザーが魅せた世界に近いものがあります。

こういう硬質なバンドが少なくなっていますので、今聴くととても痛快です。この後、スティーヴマリオットはソロ活動の後、ハンブルパイを再結成させ、朋友ピーターフランプトンとも活動を共にするようになりますが、1991年自宅で焼死するという悲しい結末を迎えます。ここで彼の経歴を振り返ってみるとどの活動でもいい作品を残している事が分かります。是非彼が関わっている作品に耳を傾けて欲しいものです。スモールフェイセスとしてはこの作品で幕を閉じます。

Steve Marriott performimg
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1424-4be39aec
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ