FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20080413]

Rain DancesRain Dances
(1998/06/30)
Camel

商品詳細を見る


新しくベースに元Caravan、Hatfield and the Northリチャードシンクレアを迎えた新生キャメルの作品です。その他にサックスでメルコリンズ、シンセでブライアンイーノが参加しています。イーノはゲスト参加ですがメルコリンズは一時活動をもとにしています。つまりキャメルはカンタベリー系を吸収してフュージュン色を増していきます。

1. First Light
2. Metrognome
3. Tell Me
4. Highways of the Sun
5. Unevensong
6. One of These Early Days I'll Get an Early Night
7. Elke
8. Skylines
9. Rain Dances
10. Highways of the Sun [Single Version]

初期の頃もフュージュンサウンドはやっていましたが、よりポップで洗練された軽快なサウンドになっています。ギターのラティマーのボーカルだけでは弱かったのですが、シンクレアもボーカルをとりより都会的なサウンドになっています。シンセの音色でもブライアンイーノが斬新な音色をもたらしています。

メルコリンズはイギリスきってのサックスプレイヤーでクリムゾンなどのプログレからハードロックまで幅広く活動しているセッションミュージシャンとして有名です。都会的なフュージュンサウンドとファンタジックなキャメルサウンドの融合でアメリカもターゲットに入れられるバンドになりました。ポップで聴きやすいので万人受けするアルバムではないかと思います。それでも媚びていない感じがするのはカンタベリー系の特徴かもしれません。

First Light

Metrognome

Highways of the Sun

Unevensong

One of These Early Days I'll Get an Early Night

Elke

Skylines

Rain Dances

スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1796-8af28b1a
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ