FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20080712]

トリビュータリーズトリビュータリーズ
(2004/03/24)
ラリー・コリエル

商品詳細を見る


ジョンマクラフリン、パコデルシア、アルディメオラというアコースティックスーパーギタートリオが人気を博しましたが、コリエルはアルディメオラの代わりになって参加したりしていました。そしてここではジョンスコフィールド、ジョーベックというフュージュン界を代表するギタリストとアコースティックギターによる饗宴を繰り広げています。

1. File
2. Mother's Day
3. Little B's Poem
4. Zimbabwe
5. Solo on Wednesday
6. Thurman Munson
7. Equinox
8. Alster Fields
9. April Seventh
10. Medley: Song for My Fathers/Sister Sadie
11. Copenhagen Impressions
12. Variations on a Theme

アコースティックギターでの演奏ですが、やっている音楽フュージュンそのものです。よけいなビートがないけれどもしっかりとビート感を保ちながら演奏されています。ジョンスコフィールドもジョーベックもエレクトリックマイルスからお呼びがかかったギタリストですが、なぜかコリエルにはマイルスからのお呼びはかかっていません。おそらくジョンマクラフリンがいれば、それで事が足りたのでしょう。

そうしてフュージュン界を代表するギタリスト達がどんどんアコースティックギターに傾倒していき、一時はアコースティックギターブームがジャズ界でも起こりました。確かこの辺りからラリーコリエルもハービーハンコックと同じ仏教に入信しているようです。アコースティックと同じ暗いジャズ界でも仏教ブームが起こっていたようです。内面世界を表現するジャズミュージシャンにとって仏教は受け入れやすいものなのかもしれません。

Autumn Leaves

スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/1991-59c996e1
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ