FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060422]

Electric Ladyland Electric Ladyland
Jimi Hendrix Experience (1997/04/22)
Reprise
この商品の詳細を見る


ロックの歴史の中でも名盤中の名盤です。

しかし、このジャケットはあんまりだ。オリジナルはどこへ行ったのか。

クリームと同じくサードアルバムは2枚組となりました。しかし、クリームのように1枚はライブという構成ではありません。ライブ音源はVoodoo Chileだけです。絡み付くようなワウワウがカッコイイ名曲です。

1. ...And the Gods Made Love
2. Have You Ever Been (To Electric Ladyland)
3. Crosstown Traffic
4. Voodoo Chile
5. Little Miss Strange
6. Long Hot Summer Night
7. Come On, Pt. 1
8. Gypsy Eyes
9. Burning of the Midnight Lamp
10. Rainy Day, Dream Away
11. 1983... (A Merman I Should Turn to Be)
12. Moon, Turn the Tides...Gently Gently Away
13. Still Raining, Still Dreaming
14. House Burning Down
15. All Along the Watchtower
16. Voodoo Child (Slight Return)

結構稼いだようで、このアルバムでは豪華ゲストミュージシャンが参加しています。スティービーウィンウッド、デイブメイソン、アールクーパー等々。ボブディランのAll Along the Watchtowerでのデイブメイソンのアコースティックギターのカッティングはしびれます。アレンジが見事ですので、オリジナルと聴き比べてみてください。ボブディランをアイドルとしていたジミはディラン風の歌い方をしています。ミックジャガーもそうですが、両方ともディランを通り越して、彼らにしか出来ない歌い方になっています。ここが凡人とは違うところです。

本来は8ビートのレットザグッタイムロールを16ビートにしたCome Onは、これぞロックという感じでメチャクチャカッコいいです。もの凄く高速で転調させてからのギターソロは天下一品です。御得意のハネたピッキングのCrosstown Traffic、Little Miss Strange、Gypsy Eyesは定番として、それ以外にもトリップ感覚たっぷりのBurning of the Midnight Lamp、Rainy Day, Dream Away、Still Raining, Still Dreamingなど、最高傑作の名にふさわしい楽曲が続きます。

一番の名曲は、サードストーンフロム~のようなジャズ感覚たっぷりで、サイケでアバンギャルドな名曲Moon, Turn the Tides...Gently Gently Awayです。印象的なメロディーが非凡なジミの才能を物語っています。

ジミの為に設計されたレコーディングスタジオElectric Ladyland。今や聖地です。
このアルバムを聴かずしてロックは語れません。

Voodoo Chile

All Along the Watchtower

Crosstown Traffic

Burning of the Midnight Lamp
スポンサーサイト




コメント

□ Cottonwoodhill from 好きなアルバムですが、、、

やはり、これは英仕様のヌードジャケでしょう。私達日本人には、この今のジャケよりも見開きのヌードジャケこそ本物の「Electric Ladyland」でしょう。

2006-04-22(Sat) 13:53 | URL | #- [ 編集 ]


□  from SAMARQAND

Cottonwoodhillさんコメントありがとうございます。
一時はヌードジャケになっておりましたが、最近はへんてこなジャケットになっているのですね。ちなみに、私が持っているのは、アナログですが、メンバーが3人で映っている、昔のやつです。オリジナルが欲しかったけど、当時はまだ解禁されておりませんでした。

2006-04-22(Sat) 17:46 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/202-1d4dac60

 天才ジミ・ヘンドリックス、1968年リリースの世紀の傑作「エレクトリック・レディランド」。当時レコードでは二枚組でリリースされたもので、イギリス盤や日本盤では19人の女の裸を描いた強烈なインパクトを放った
2007-08-10(Fri) 19:32 | ロック好きの行き着く先は… 

60s... 名盤 名曲 ジミ・ヘンドリクス[エレクトリック・レディランド] このアルバムは彼の生涯唯一の全米1位でプラチナセールスを取っ...
2009-01-11(Sun) 12:36 | 60s 70s 80s...音楽の旅 
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ