fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20080816]

アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ?アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ?
(1995/04/22)
ジェイムス・ブラッド・ウルマー

商品詳細を見る


ジェイムスブラッドウルマーがオーネットコールマンから独り立ちして出された初期の名盤です。イギリスのニューウェイヴのラフトレードから発売された事でも話題となりました。ジャケットは現在のものとは違っていました。これによりジャズファン以外にもロックファンからも注目される存在となったのです。

1. Layout
2. Pressure
3. Interview
4. Jazz Is The Teacher (Funk Is The Preacher)
5. See-Through
6. Time Out
7. T.V. Blues
8. Light Eyed
9. Revelation March
10. Are You Glad To Be In America?

音楽的にはオーネットの理論を引き継いでおり、そこによりアフロファンクなリズムを強調した内容になっています。この手の音楽はポップグループで経験済みでしたからそれほど驚きはしませんでしたが、何といっても自由なウルマーのギターが衝撃的でした。しかも指で
ピッキングしているのです。まだ80年代のファンクブームが始まる前の登場は鮮烈でした。ファンクとロックの融合はツェッペリンから予想しておりましたので、ウルマーの活躍には期待しておりました。

まだアフリカンビートも流行っていませんでしたので、このアフリカを想わせるファンクビートは強烈で、しかもまだファンクの何たるかも知らなかった時に体験しましたので、ファンクのイメージはより泥臭い印象も受けました。そしてベースはニューウェイヴ風な感覚で弾いているし、全く新しい時代の幕開けを予感させるアルバムでもあります。主流にはなりませんでしたが、歴史的な名盤として位置づけてもいいと想います。

Layout

Are You Glad To Be In America

スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/2082-6ce8e0f9
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ