FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060503]

スペイス・オディティ(紙ジャケット仕様)スペイス・オディティ(紙ジャケット仕様)
(2007/01/10)
デヴィッド・ボウイ

商品詳細を見る

Space Oddity Space Oddity
David Bowie (1997/09/01)
Emi
この商品の詳細を見る


小説、そして映画化された2001年宇宙の旅に触発されて創られたペイス・オディティを含むセカンドアルバムです。ファーストはあまり売れなかったので、こちらの方がファースト的なイメージです。参加ミュージシャンがリックウェイクマンなど、さまざまなミュージシャンが参加しており、まるでサントラのような雄大なフリークラウドから来たワイルドな瞳の少年では、大々的にオーケストラが使われており、かなり制作費がかかっていると思われます。

1. Space Oddity
2. Unwashed and Somewhat Slightly Dazed
3. (Don't Sit Down) [Instrumental]
4. Letter to Hermione
5. Cygnet Committee
6. Janine
7. Occasional Dream
8. Wild Eyed Boy from Freecloud
9. God Knows I'm Good
10. Memory of a Free Festival

内容はというと、一言で言えばプログレです。グラムロックへ移行する前のデビッドボウイはプログレなのです。この後、あらゆる挑戦をしていくボウイですが、一貫しているのは、そのプログレ性だという事をご理解ください。

フォークギターによる弾き語り調の曲など、ボウイの歌い方はジョンレノンの影響が強く感じられます。マークボランの場合は、シンプルなジョンレノンを受け継いでいますが、ボウイの場合は良く創り込まれたジョンレノンの曲を受け継いだ感があります。又、このアルバムからT-REXと同じトニービスコンティをプロデュースに起用しております。狭いロンドン音楽事情なのでしょうか。

モッズの影響があったボウイですが,この時期はポップスをよりプログレッシブに編曲していたようです。アートロックという言葉は似合いません。これはまぎれも無くプログレなのです。

ラストのフリー・フェスティバルの思い出などのスケールの大きさはまさに一人プログレ状態なのであります。この時代から完成度は高く、ロックの名盤としての風格が伺えます。

しかし、このジャケットはオリジナルなのでしょうか。私が持っているアナログ盤は、パンクヘアーのボウイでした。この時期から既にパンクヘアーになっていたのです。髪をオレンジに染めたりして、ボウイはパンクファッションにも多大な影響を及ぼしております。

Space Oddity

space oddity 1972
スポンサーサイト




コメント

□  from いたち野郎

ボウイの中で一番好きなアルバムは何か?と問われたら、このアルバムを選ぶかも知れません…。
プログレッシヴですか!実はずっと(英国+米国融合の)フォーク・ロックだなぁと思いながら聴いてきたんですが、これはまた次に聴いた時に印象変わるかも知れません(笑)

2006-05-04(Thu) 23:32 | URL | #- [ 編集 ]


□  from SAMARQAND

いたち野郎さんコメントありがとうございます。
約束通りデヴィッドボウイの特集に辿り着けました。
ボウイの音楽を理解するにはツェッペリン同様、プログレという観点で聞いた方が良く理解出来ると思います。フォーク的なのもピンクフロイド的だし、コード進行なんかはプロコルハルムなのです。
唯時代がグラムロックというカテゴリーに当てはめてしまったという事だと思われます。

2006-05-05(Fri) 00:42 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/222-faadf6ef

 ボウイがデッカからリリースしたファーストアルバムはまだまだボウイの非凡な才能の片鱗が見えたレベルだったが実質のファーストアルバムとして語られる「Space Oddity」では明らかに彼
2006-05-04(Thu) 22:26 | ロック好きの行き着く先は… 

JUGEMテーマ:音楽 最近ようやくジュゲムの新しいブログ管理画面になれてきました。確かに新しい方が使い勝手いいみたいです。シングル関連のタイトルも変更してみました。由来はもちろんクイーンのアルバム・タイトルから。デヴィッド・ボウイというと、どうもRC?...
2008-11-28(Fri) 01:10 | 4番、サード、 いたち野郎 
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ