FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090214]

WonderfulWonderful
(1999/11/01)
Madness

商品詳細を見る


99年に一時的ではありますが再結成されたマッドネスのアルバムです。マッドネスの持ち味が良い形で再構築された素晴らしいアルバムです。巷ではブリットポップが盛り上がっていた頃ですので、それまでブリットポップだという認識が無かったマッドネスのこうした曲の良さが再認識されるにはもってこいの頃だったと思いますが、正統な評価は得られる事はありませんでした。

1. Lovestruck
2. Johnny the Horse
3. Communicator
4. 4AM
5. Wizard
6. Drip Fed Fred
7. Going to the Top
8. Elysium
9. Saturday Night Sunday Morning
10. If I Didn't Care
11. No Money

当時の最新の録音技術は使用されていますが、それらに振り回される事無く、自分たちの音楽を見事に再現している事が素晴らしいと思います。彼らの良さがしっかりと伝わってきます。一時は時代の寵児的な存在でしたが、流行に関係なく、良い曲はどんな時代でも通用するという事を分からせてくれる作品です。

英国ではそれなりに評価されているバンドなのですが、さすがに流行に振り回される日本においては評価の低いバンドです。私的には英国の少し影もありながらも陽気に振る舞う、楽しいのに切なさも感じられるマッドネスのポップソングは大好きなスタイルで、ファーストアルバムからこのアルバムまで、それは一貫して貫かれています。ブリティッシュファンにはたまらないバンドだったと思うのですが、ブリティッシュロックにもいろいろありますので、全てのブリティッシュファンには当てはまらないかもしれませんが、私が好きなブリティッシュモダンポップな心地良さを与えてくれる数少なくなったバンドの一つであります。

Lovestruck

Johnny the Horse

Drip Fed Fred


Saturday Night Sunday Morning
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/2605-edb2db16
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ