FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090329]

今年もK-1が始まりました。今大会はバダハリがヘヴィー級王者を剥奪されたので、空白のヘヴィー級王者決定戦になっています。スーパーファイトも始めから新旧交代を意味する贅沢な内容になっています。

試合結果
K―1ヘビー級王者決定トーナメント準決勝
タイロン・スポーン VS グーカン・サキ○
お互いにスピードのある攻防で、ややタイロンに分がある形で判定となりましたが、ドローで延長へ、そこでサキの左フックが見事に決まりダウンしたタイロンは起き上がりましたが、もう戦えないとレフリーが判断しサキが勝ちました。
メルヴィン・マヌーフ VS 前田慶次郎○
優勝候補のマヌーフでしたが、ゴング開始から集中力が無く、獰猛に攻めていきましたが、カウンターで前田の左フックが入り、意識を飛ばされたマヌーフは続行不可能と判断され前田があっけなく勝ちました。マヌーフは帰りの花道でも訳が分かっていない様子でした。
スーパーファイト
澤屋敷純一 VS グラウベ・フェイトーザ○
澤屋敷はこれまでの戦い方から積極的な攻めが出来るようになってグラウベを手こずらせましたが、接近戦でも攻撃出来るグラウベの攻撃が決まりだし、ノーモーションからの左ストレートがカウンターで何度も入り、ダウンを何度も奪われますが、最後はもう戦えないと判断され、タオルが投入されました。
ジェロム・レ・バンナ VS エヴェルトン・テイシェイラ○
レバンナはもう以前のような体力がありません。それに比べてスタミナ抜群のテイシェイラはガードする左腕を狙ったミドルキックを連発。延長に入り手数でテイシェイラが判定勝ちとなりましたが、決定打がないテイシェイラの今後の課題は相手を確実に倒せる一発を手に入れる事でしょう。
○ピーター・アーツ VS エロール・ジマーマン
新旧交代の対戦ですが、初心に返ってドージョーチャクリキに戻ったアーツは若々しい戦いで常に相手に圧力をかけていきます。エロジマンも前のめりなパンチを浴びせますが、打たれてもアーツはひるみません。これも延長に突入しますが、最後は判定でアーツが勝ちました。
○セーム・シュルト VS ヘスディ・カラケス
ドージョーチャクリキのカラケスは打たれても前に出る戦いで攻めますが、シュルトは手数も出せるようになり、常に相手を圧倒。一度ダウンを取っての判定勝ちとなりました。シュルトは王者奪還の気持ちが強いようです。
○レミー・ボンヤスキー VS アリスター・オーフレイム
体力抜群のオーフレイムでしたが、以前はちゃんと打撃にも対応していましたが、今回は総合ルールのようなラフファイトで攻めたためか、打撃に威力がありません。レミーも戦いにくく、それでも威力のあるオーフレイムの攻撃に体力を奪われていましたが、3Rに顔面へのパンチが決まりオーフレイムはダウン。それが響いて判定でレミーが勝ちました。威力のあるオーフレイムパンチの連打はいれば勝てたのに、作戦負けです。
K―1ヘビー級王者決定トーナメント決勝
グーカン・サキ VS 前田慶次郎○
準決勝での消耗が無い前だと準決勝でかなり体力を奪われたサキとの決勝ですが、サキはスピードが衰えていません。前田もそのスピードに対応出来て判定2Rまでもつれます。最後は疲れていたサキに対して手数を減らさない前田が判定勝ち。日本人で初めてのヘヴィー級の栄冠を取りました。しかしチャンピオンと呼ぶにはそれほど内容が伴っていた訳ではありませんが、今日の前田は勝利の女神に愛されていたのです。

若手がどんどん実力をつけてきていますので、今年のK-1はかなり面白くなると思います。対戦の組み合わせも面白いものが組めそうですし、今年も大変期待しています。
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/2718-0efba352
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ