FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090329]

Another Day On EarthAnother Day On Earth
(2005/07/09)
ブライアン・イーノ

商品詳細を見る


イーノは環境音楽を卒業してくれたのか、2005年発売の最新作は久々のボーカルアルバムとなりました。しかも初期の頃のようなポップ感覚もあります。さすがにこれまで培ってきたあらゆるスタイルも踏襲していますので、これが最新のイーノの音楽だと言えるでしょう。

1. This
2. And Then So Clear
3. A Long Way Down
4. Going Uncosious
5. Caught Between
6. Passing Over
7. How Many Worlds
8. Bottmliners
9. Just Another Day
10. Under
11. Bone Bomb
12. The Demon Of The Mines

昔のようなポップな歌もあれば、デヴィッドバーンを連想させるものや、U2を連想させるものなど、これまでイーノが関わってきた様々な音楽が解け合っています。And Then So Clearではボコーダーを通して歌っています。この音はクリムゾンの最近のアルバムでも聴かれました。アレンジ的には打ち込みの骨組みにアンビエントな音色がまとわりついています。ロバートフィリップは参加していませんが、それを真似したようなギター音はあります。

ビフォーアンドアフターサイエンス依頼のボーカルアルバムになりますが、他のミュージシャンとの共演作では歌を披露する事もありました。最近のでヴィッドバーンとの共演も歌のための作品になっていましたが、最近のイーノはもう環境音楽だけだった時期を過ぎたような印象があります。デヴィッドボウイとも違うイーノ独特の歌が創られており、ファンとしては永年待たされてきた環境音楽の先にあるイーノのたどり着いた音楽に触れた思いになります。曲も親しみ易く良い曲ばかりです。

And Then So Clear

How Many Worlds

Just Another Day


Bone Bomb
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/2722-43c62817
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ