FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20091025]

歓喜の歌歓喜の歌
(2009/10/28)
頭脳警察

商品詳細を見る


再結成は1年という期間限定で行われました。そして終了後に予告も無くこのアルバムもリリースしてくれたのです。ジャケットが凄いですね。まだ世紀末前ということで後ろでキノコ雲が上がっている前で最後の晩餐をしています。しかもテーブルに並べられている料理は中華のようです。何というシュールな写真なのでしょう。

1. 最終指令“自爆せよ”
2. 飛翔〈ひらめく旗の下で〉
3. セフィロトの樹
4. 獲物の分け前
5. ライヴ・エヴィル
6. 白い森
7. 焔の色
8. オリオン頌歌
9. 歓喜の歌

最終指令“自爆せよ”は昔から歌われていた曲をやっとアルバムに収められたようです。しかしこの曲はテロを増長させるような曲で、2001年以降だったら間違いなく自粛ものだった事でしょう。頭脳警察が歌っている事は平和による解決ではなく、怒りに任せた目には目をという暴力的とも捉えかねないものが特徴だったと思います。それは思想を行動に移していた学生運動の時代があったことも影響していると思いますが、再結成してもその怒りは収まっていないようです。

サウンド的にはあくまでもアナログなバンドサウンドに徹しているので、80年代の安っぽいサウンドにはなっていません。当時のバンドブームに対する檄もあったのでしょう。どうせやるならここまでやれよという、ファンションだけに囚われているバンドに対するメッセージもあったと思います。きわめて硬派な日本を代表するロックバンド頭脳警察は、ここで再び沈黙に入ります。

オリオン頌歌
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/3365-26728a59
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ