FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20091118]

ベスト外道ベスト外道
(2003/07/24)
外道

商品詳細を見る
外道 (紙ジャケット仕様)外道 (紙ジャケット仕様)
(1998/02/25)
外道

商品詳細を見る


外道はギターの加納秀人、ベースの青木正行とドラムの中野良一のトリオ編成のバンドです。ソリッドなロックンロールにフレージングした言葉を乗せたバンドでした。加納秀人はストラトを弾いてジミヘンのような感じでしたが、バンドのアングラ性はパンクのような勢いがありました。ファンの多くは暴走族で、ライブにはバイクにまたがった暴走族が多数詰めかけていました。ステージには鳥居を設けて、万歳三唱や三三七拍子などを取り入れて和な感じのステージでした。

音楽的にはハードロックなのですが、歌っている内容はパンクに近いものがあります。このバンドも化粧をしてグラムロックな感じを演出していました。76年に一度解散していますが、79年には再び活動を再開。その後もちょくちょく再結成して活動しています。商業的には成功した訳ではなかったので、幻のバンドとして伝説だけが残っていました。音楽雑誌にはその写真が写されていましたが、着物を着た加納秀人の姿はまるでカブキロックのようです。

後にパンク、ニューウェイブの時代に入ると、彼等もパンクの元祖的な扱いとなりました。パンクと違っていたのは、演奏テクニックもちゃんとあった事です。基本はハーロックバンドのようなのですが、歌詞の特異性が違うイメージを持たせています。しかし、こうしたバンドがいたからこそ日本のインディーズの底力は後に火を噴く事となるのです。

香り

I CAN SHOUT I CAN FIGHT

ビュンビュン
完了



龍神~天に舞う~

にっぽん賛歌

悪魔のベイビー
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/3428-b219f816
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ