FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060723]

戦慄の王女 戦慄の王女
クイーン (1994/05/18)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


アメリカンハードロックを特集しておりますが、エアロスミスとおなじくハードロックセカンドゼネレーションを代表するバンドとしてクィーンを紹介します。イギリスのバンドですがご了承下さい。

1. Keep Yourself Alive
2. Doing All Right
3. Great King Rat
4. My Fairy King
5. Liar
6. Night Comes Down
7. Modern Times Rock 'n' Roll
8. Son and Daughter
9. Jesus
10. Seven Seas of Rhye

裏ジャケットを見てもらえば分かる通り、化粧をして中世的な服装をしていた彼等はグラムロックブームにあやかってデビューしようとしましたが、グラムロックブームが下火になり、しかも複雑な彼等の音楽はグラムロックファンやマスコミには受け入れられませんでした。ただ日本だけがJAPAN のようにルックスのいいバンドは無条件に受け入れる土壌が出来ており、日本だけの人気でとりあえず持ちこたえていきます。

彼らの特徴はブライアンメイのハンドメイドギターによる多彩なギターサウンドによりノーシンセサイザーのクレジットのもと独特のサウンド展開とフレディーマーキュリーの3オクターブ半のボーカルによる独自の音世界です。しかし、これが世界テキに理解されるまでには時間がかかってしまいます。又、エアロスミスにはジャックダグラスがいましたが、クィーンにはロイトーマスベイカーというプロデューサーがついております。

Keep Yourself Aliveは彼等のデビュー曲です。フェイジングされたギターサウンドをコインをピックにしてこすったイントロが印象的です。メンバーの内3人がボーカルを取るこのバンドはコーラスワークも武器の一つで、ストレートなハードロックとは一味違う曲です。そこがカッコイイ曲です。Doing All Rightは静かな曲からボサノバ調になったりハードな曲調になったりする名曲です。クィーンはどちらかというとプログレ的ですが、ポップな部分もあり、ハードロックとして理解した方がいいようです。Great King Ratはかなり激しいギターのイントロからアヴァンギャルドポップとでも言うべき曲展開を見せます。My Fairy Kingはオペレッタのような曲です。クィーンを理解してから聴けば驚きませんが、いきなりファーストからこれだけの内容を見せられれば理解出来ない連中も多かった事は分かります。それだけ濃い内容です。

Liarは物語風に曲調がどんどん変わっていく作品です。ジェスロタルをポップにしたようなバンドとしてなら理解出来るかもしれませんが、ジェスロタル自体がそれほどメジャーではありません。Night Comes Downはポップでとてもいい曲です。美しいコーラスにフェイズアウトしたブライアンメイのギターが心地いいです。しかしアコースティックギターの不気味な終わり方から一変してModern Times Rock 'n' Rollです。ドラムのロジャーテイラーがボーカルを取るストレートなロックンロールです。第二のジョンボーナムと呼ばれる事を目指していた彼ですが、どうもミックス処理の仕方が歪み過ぎておりドタバタした印象のドラムになってしまっています。Son and Daughterはへヴィーなハードロックですが、コーラスが綺麗な為にハードロックファンには素直に受け入れられないような所がクィーンの個性でもあります。Jesusはマイナー調のイタリア民謡のような曲をハードロックにしています。名曲です。Seven Seas of Rhyeはセカンドアルバムに入る時期シングル曲のイントロのピアノパートだけを収録したエンディング曲です。

ちゃんとして聴けば、ファーストアルバムにしてこれだけの感性度と個性的な音楽は高く評価されてしかるべしなのですが、時期が悪かったようです。日本の評論家からは低迷しているブリティシュハードロックの救世主として期待されておりました。キャーキャーいっていた日本の女性ファンがどれほど彼等の音楽性を理解していたかは疑問ですが、少なくとも日本には彼等を評価できるだけの態勢は整っていたようです。このアルバムはかなりの名盤として認識いたしましょう。

Keep Yourself Alive

Liar

Modern Times Rock n Roll & Son and Doughter
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/366-3e85e810

戦慄の王女 (紙ジャケット仕様)ユーライア・ヒープの影響を受けたグループとしてよく名前に挙がるバンドの一つにクイーンがあるようです。↑のアルバムは、30年間栄光と悲壮、そして復活の道を辿ってきた彼らの記念すべきファースト・アルバムです。その名も「Queen」。 
2006-08-02(Wed) 04:33 | 4番、サード、いたち野郎。 
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ