FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20101017]

World ofWorld of
(2001/05/08)
Connie Francis

商品詳細を見る
GoldGold
(2005/06/14)
Connie Francis

商品詳細を見る
Very Best of Connie FrancisVery Best of Connie Francis
(1990/10/25)
Connie Francis

商品詳細を見る
Stupid CupidStupid Cupid
(2009/02/16)
Connie Francis

商品詳細を見る


コニー・フランシスはイタリア系の女性シンガーで、ニールセダカなどからポップロックな曲を提供されて、多くのヒット曲を世に放っています。特に日本では弘田三枝子や中尾ミエなどがカバーした事によって、そのヒット曲は広く伝わっています。

ヒット曲はVacation、Pretty Little Baby、Lollipop Lipsなど、ロックンロール以降のアメリカンポップスのイメージそのものを体現しているシンガーであります。本来はイタリア系のグラマラスで妖艶な女性なのですが、そのポップ感覚からキュートなイメージの方が強まっています。ポニーテイルにロングスカートという当時のロックンロール世代のファッションイメージは、後の日本の革ジャンにリーゼントという男性ロックンローラーのイメージと同様に女性ロックンローラーのイメージとなります。

小悪魔的なイメージも、後のフレンチポップの手本となり、ポップロックの手本として、彼女の曲はその後のポップスのヒントともなっています。黒人側ではモータウンサウンズから女性シンガーが多く出てきますが、白人に取っては彼女の歌こそが楽しまれたのです。

Freddy

Who's Sorry Now?

Vacation
Together

Where The Boys Are

Lipstick On Your Collar

Don't Break The Heart That Loves You

Stupid Cupid

Pretty Little Baby

Lollipop Lips
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/4218-258c5447
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ