FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060820]

At Fillmore: Live at the Fillmore East At Fillmore: Live at the Fillmore East
Miles Davis (1997/07/29)
Tristar
この商品の詳細を見る


ジャズの醍醐味はライヴである。エレクトリックマイルスにしてもライブが圧巻なのであります。
当時アメリカにはフィルモアイーストとウェストというロックの聖地的なライブハウスがありました。ここからはサンタナやブルースをやっていた頃のボズスキャッグスなどが出てきました。そのロックファンが集まるライブハウスにジャズ畑のマイルスが殴り込みをかけました。ロックバンドの前座という屈辱にも耐えながら、ロックファンの度肝を抜く演奏を繰り広げていった訳であります。

既にロック界では、モードジャズに影響を受けたジャックブルースがクリームを結成してインプロヴィゼーションソロが流行っておりましたので、ロックファンにはジャズを聴く素養が出来上がっておりました。しかしエレクトリックマイルスの音楽はそれだけではありません。圧倒的な音の固まりをカメハメ波のように連続速射していく訳です。さすがに面食らった事でしょう。

ディスク1
1. Directions [Wednesday Miles]
2. Bitches Brew [Wednesday Miles]
3. Mask [Wednesday Miles]
4. It's About That Time [Wednesday Miles]
5. Bitches Brew/The Theme [Wednesday Miles]
6. Directions [Thursday Miles]
7. Mask [Thursday Miles]
8. It's About That Time [Thursday Miles]
ディスク2
1. It's About That Time [Friday Miles]
2. I Fall in Love Too Easily [Friday Miles]
3. Sanctuary [Saturday Miles]
4. Bitches Brew [Saturday Miles]
5. It's About That Time [Saturday Miles]
6. I Fall in Love Too Easily [Saturday Miles]
7. Sanctuary [Saturday Miles]
8. Bitches Brew [Saturday Miles]
9. Willie Nelson/The Theme [Saturday Miles]

以前はWednesday Miles、Thursday Miles、Friday Miles、Saturday Milesの4曲しかクレジットされておりませんでした。レコードの曲を演奏しておりますが、その日によって全然別の曲のような演奏になっており、テオマセオによってカット&ペーストで編集されていたため、別の曲目でも通用したのです。しかし、実際に演奏されている曲目が付け加えられております。でもこの作品は全く新しい作品として聴いても十分聴応えのある内容です。

まずメンバーですがギターレスです。チックコリアとキースジャレットのダブルキーボード、ベースのデイヴホランド、ドラムのジャックディジョネット、ソプラノサックスのスティーヴグロスマン、パーカッションのアイアートモレイラ。アイアートは南米からの移民ですが、マイルスに認められラテンのリズムを加えたエレクトリックマイルスはより民族音楽的要素を加えていきます。ギター以上に攻撃的なキースジャレットのキーボードプレイもここでしか聴けません。

此の時代の要はドラムのジャックディジョネットです。チャールズ・ロイドのバンドにいた彼は強引にマイルスにより引き抜かれました。チャールズ・ロイドからクレームをつけましたが、『なんだ、お前の方が引き抜かれたかったのか』とマイルスに言われ呆れていたそうです。マイルス流のジョークでしょうが、マイルスらしいセリフです。

この時代、ツェッペリンやキングクリムゾンが世に出てきますが、それらのバンド以上のパワーを炸裂しているアルバムであります。Bitches Brewも大人しく聴こえてしまうぐらい凶暴な悪徳な音楽が支配しています。パンクやポップグループのようなアヴァンギャルドなロックさえも太刀打ち出来ないほどです。唯一対抗出来るとしたらフランクザッパ位なものでしょうか。しかしマイルスにはフランクザッパのようなユーモアは存在せず、恐ろしいほどシリアスな緊張感が漲っております。
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/434-f168f77d
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ