FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060820]

Live-Evil Live-Evil
Miles Davis (2001/02/06)
Columbia/Legacy
この商品の詳細を見る


エレクトリックマイルス時代において重要な位置を占める名盤です。アトフィルモア以上に凶暴なライブ演奏とスタジオ録音による幻想的な曲に分けられている。このアルバムのテーマは生と死、破壊と創造であります。タイトルもLIVEを反対にしたEVILになっており。一曲目のSIVADも反対にするとDAVISになります。シヴァとはヒンズー教での破壊と再生の神様となっております。これは正にマイルスがやっている音楽にそのまま当てはまります。このアルバムではライブで破壊を尽くし、スタジオで再生を構築しているようなニュアンスがあります。

ライブではキースジャレット、ジョンマクラフリン、ゲイリーバーツ、ジャックディジョネット、マイケルヘンダーソン、アイアートモレイラにマイルスという布陣である。マイケルとジャックによる骨太なファンクビートに凶暴なキースのエレピとジョンのギター、そしてマイルスはトランペットにペダルワウを通してジミヘンになりきったかのようなプレイで吼えまくる。

ディスク1
1. Sivad
2. Little Church
3. Medley: Gemini/Double Image
4. What I Say
ディスク2
1. Nem Um Talvez
2. Selim
3. Funky Tonk
4. Inamorata and Narration

このアルバムの作成にはジョンマクラフリンが不可欠だったとマイルスが供述している通り、当時ジョンマクラフリンはヒンズー教に帰依しております。イギリスには多くのインド人が済んでおり、ジョージハリソンもヒンズー教に帰依していて有名です。特にサイケデリックムーブメントにおいては内面的な東洋哲学がもてはやされており、イギリスではヒンズー教への感心が高まっておりました。サンタナもヒンズー教徒として有名でしたが、現在はAMERICA SOKA GAKKAI INTERNATIONALに入信しております。このSGIには有名なジャズメンが多く、ハービーハンコック、ウェインショーター、バスターウィリアムス、ラリーコリエルなどがいます。これだけのメンバーだけでスーパーバンドが結成出来るほどです。

マイルスの目論見はサイケデリックとしての自身の音楽の完成にあったと思われます。ジャズ、ファンク、ロック、ラテン、アフロアフリカン、現代音楽、そしてインド音楽までも取り入れてよりサイケな感覚の新しい音楽を視野に入れていたと思われます。一般的にはジャズ、ファンク、ロックばかりが取り上げられており、民族音楽的な部分が無視されておりました。その為難解だと評論する人が多いですが、しっかりと内容を聴き取ればマイルスの視点が見えてくるはずです。

Selimという曲がありますが、これも逆さまにするとmilesになります。破壊と再生を自身の手によって構築する。そんな意思を感じるアルバムです。ジョンマクラフリンはマイルス時代にはそれほど弾きまくりませんが、ここでは遠慮しながらもかなり弾きまくっています。この人が本気で弾きまくったらこんなものではありません。マハヴィシュヌオーケストラを聴けば分かります。

Little Church,Nem Um Talvez,Selim,はスタジオ録音で、生命讃歌のような気高い環境音楽のような美しい音楽ばかりです。このバランスがマイルスが意図していたものだと思われます。しかしライブでのマイルスは邪悪なほどに凶暴です。このアルバムはマイルスが描いた一大曼荼羅なのではないでしょうか。

Miles Davis & Keith Jarrett

Sivad
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/435-1fe8b82b
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ