FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060917]

カリギュラ コンプリートBOX〈ヘア解禁版〉 カリギュラ コンプリートBOX〈ヘア解禁版〉
マルコム・マクダウェル (2002/09/27)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ローマに実在した暴君と呼ばれた皇帝カリギュラの半生を描いた映画です。性的描写が多いのでポルノ映画として扱われがちな作品ですが、内容は芸術的な立派な作品となっております。ペントハウス社総帥ボブ・グッチョーネが金をかけている作品だけに単なるエロ映画ではありません。よく芸術作品では性描写があると品位を疑われがちですが、私は人間の本質的な業や性を描く為なら露骨な表現もありだと思っております。それが映倫に引っ掛かるかどうかが問題ですが、この作品は個人の資産によって製作されており、上映会場も限定して誰からも文句を言われないような方法で製作されておりますので、かなり自由な映画となっております。

ゴダールなどのヌーヴェルヴァーグ監督も自由にビートニクス的な作品を使っておりましたが、映倫を全く気にせず創れる自由というのは金がないと出来ない事でありましょう。その分AVのような描写も多いのですが、逆に私はAVや裏ビデオ作品がもっと芸術的でないようが充実した作品を創ったら面白いのにと思っておりました。映倫には引っ掛かりませんので直接的な表現が出来るのです。直接的な性描写があるという事は、それだけ物語の間接的な表現に意識を向けられる訳であります。

カリギュラは暴君とされておりますが、それはキリスト教が広まった時代の人間からの判断のようで、当時は良い行いもしていたようです。しかし、妹との近親相姦などやりたい放題だった事は事実のようです。そもそもどんな人間にも限りない欲望というのはあるものです。しかし、やっていいことと、やってはいけない事を制する事を覚えて成長していきます。誰からも戒められない立場の権力を持ってしまったら、その欲望は現実に実行されてしまうのです。これは古今東西どの国の権力者も実行しております。しかも当時のローマはフリーセックスが当たり前の時代です。ですから一概に暴君と呼ぶのはどうでしょうか。キリスト教広まってやっと一夫一婦制が定着してくるのです。日本でもフリーセックスが当たり前でした。そもそも人間が猿から進化しているのであれば、ボスザルが女を独り占めするような社会が当たり前でしょう。しかし、考えたり、感情を言葉で表せる人間には違う方法を模索していく事になっていく訳です。ですのでカリギュラはイメージだけで暴君扱いされているふしがあります。

主演は時計仕掛けのオレンジのマルコム・マクダウェル、美術がフェリーニのカサノバのダニロドナティなので、私が好きな変態的美術センス満載です。登場人物の誰が正しくて間違っているというものは存在しません。ただ人間としての欲望を持った者達ばかりで、それをストレートに出している者、隠している者がいるだけです。そういう意味ではヨーロッパの芸術作品としての風格はあります。ノーカット、ヘアー解禁で局部にはモザイクがされておりますが、形がはっきり見て取れますので外国版と遜色が無いように感じます。このボックスセットは新カリギュラもついておりますが、それは別途紹介していきます。

Teaser & Trailer
Wall of Death

Caligula God

McDowell, Savoy, Tinto Brass
スポンサーサイト





2006-09-17(Sun) 00:41 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/490-d024409f
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ