FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20120616]

Kimi Ga SukiKimi Ga Suki
(2004/10/05)
Matthew Sweet

商品詳細を見る
Kimi Ga SukiKimi Ga Suki
(2004/10/05)
Matthew Sweet

商品詳細を見る


2003年の作品で、RCAM Recordsへ移籍後の作品となります。移籍した事で、又微妙にサウンドに変化があります。このアルバムは日本のファンに捧げられており、日本語のタイトルがついています。そして日本のファンが好きな傾向に応える形で、昔のようなパワーポップで、ときめくような歌になっています。

1. Dead Smile
2. Morning Song
3. The Ocean In-Between
4. I Love You
5. I Don't Want To Know
6. Warning
7. Spiral
8. Love Is Gone
9. Hear This
10. Wait
11. Tonight We Ride
12. Through Your Eyes
13. Silent Track 1

Richard Lloydが再び協力してくれています。昔のような胸キュンな歌ですが、ミキシングと言うか、リバーブ成分が違っているので、昔とは印象が違います。津あkっている楽器はギターとベースとドラムだけというシンプルな構成にも関わらず、充分隙間が埋もれたミキシングがそうさせているのだと思います。キーボードがない分、コーラスワークが効果的に響いています。

日本びいきなアルバムと言う事で、ジムオルークの作品を連想してしまいますが、アメリカのオタクミュージシャンであるMatthew Sweetらしい作品だと思います。久々にファンが求めている内容になっているだけあって、人気がありますが、もう少し新しい何かがあっても良いと思います。でも、演奏も曲も素晴らしい出来映えで、名盤と言っても良いと思います。

Dead Smile

The Ocean In-Between

I Don't Want To Know
Wait

Tonight We Ride
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/5444-ea18d2e4
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ