FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20061014]

Remain in Light Remain in Light
Talking Heads (1990/10/25)
Warner
この商品の詳細を見る


Fear of Musicで始めたアフリカンミュージックとファンクとロックの融合をより完成させた彼等の最高傑作アルバムです。トーキングヘッズだけではなく、ロック史上最も重要な歴史的名盤でもあります。アフリカの音楽の導入によりポリリズムで曲を構成。ポリリズムとは1小節でドラムパターンを繰り返すモノリズムではなく、2小節単位でリズムパターンを繰り返すことにより、大きなうねりのあるグルーヴを創り出す作曲方法です。ファンクもポリリズムです。ジョージクリントン率いるP-FUNKを聴いていたデヴィッドバーンがこのリズムに歌詞を当てはめる作曲方法を編み出しました。

1. Born Under Punches (The Heat Goes On)
2. Crosseyed and Painless
3. Great Curve
4. Once in a Lifetime
5. Houses in Motion
6. Seen and Not Seen
7. Listening Wind
8. Overload
9. Fela's Riff [Unfinished Outtake]
10. Unison [Unfinished Outtake]
11. Double Groove [Unfinished Outtake]
12. Right Start [Unfinished Outtake]

それらの作曲方法を確立して,より完成度の高いものを集めたアルバムです。ファンクの特徴としては1コードにより1曲を成り立たせるというものがあります。中には2コードとかありますが、基本は1コードです。ロックは最低3コードですから、逆に作曲が難しくなります。なぜそうなったのかと言うと、ファンクのような黒人音楽では演奏者も踊りながら演奏する訳です。ステージを動き回る訳ですから、同じポジションで演奏出来る方法をとるようになる訳です。ですからファンクでのギターのコードの押さえ方は6弦全部を使うのではなくで、3つの弦などでボイシングしたコードカッティングをします。それでチャカポコした音を出す訳です。

このアルバムの曲もほとんどが1コードで作られております。その分飽きないようにいろんなバリエーションを考え出す訳ですが、1コードでもデヴィッドバーンはAメロ、Bメロ、サビという構成を創っております。一つのコード構成により3つから4つのメロディーを当てはめて曲を構成している訳です。その為、違うメロディーラインでも同時に歌ってもしっかりアレンジの一部として成り立つ訳です。仕舞いには3つのメロディーを同時に発音させるというアンサンブルで曲を盛り上げていきます。

この少し前にポールマッカートニーがシリーラブソングで、1コードではありませんが、サビのメロディーとAメロのメロディーを同時に発音させるという技を使っておりました。これはモード奏法を応用したものです。コード進行が変わってもモード奏法ならおかしくない訳です。ファンクの理屈もこのモード奏法に通じるものがあります。1コードでベース音が常に一つでもうわものの和音は変化しても成り立つのです。これはアッパーストラクチャトライアドという手法です。

そのような手法も取り入れた、全く新しいアフリカという感覚と相まって、脳天に響くようなカルチャーショックを起こさせた名盤なのです。そして、フランクザッパのバンドにいたエイドリアンブリューをイーノが発掘して、このアルバムに参加させています。トリッキーなプレイのギターはブリューだと思っていいです。その為非常に緊張感のある作品になっています。

ツェッペリンの永遠の詩を聴いて、ファンクの時代が来る事を予感していた私でしたが、正にこのアルバムがファンク流行の火付け役となり、ロックミュージシャンでもファンクを取り入れるようになりました。どの曲も質が高く、全曲が名曲です。ここではほのぼのとした部分はなく、全編が心地いい緊張感に包まれております。エレクトリックマイルスに辿り着く場所があるとしたら、このアルバムのような音楽だったのではないでしょうか。それほどの完成度がある作品なのです。

Born Under Punches
Crosseyed and Painless

Great Curve

Once in a Lifetime

Houses in Motion

Seen and Not Seen

Listening Wind

Overload

Fela's Riff

Unison

Double Groove

Right Start
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/560-cb43fb7f

「リズム」に対する自由な解釈が、聴く者に新鮮な刺激を与える代表作である。 もともと彼らはニューヨーク・アンダーグラウンドの系譜に属するバンドだったが、本作ではファンクやアフリカンミュージック、南米の民族音楽などのプリミティブなリズムを、デジタルな感覚
2006-12-09(Sat) 05:15 | 1-kakaku.com 
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ