FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130325]

Rick Wakeman - Out ThereRick Wakeman - Out There
(2006/11/21)
Rick Wakeman

商品詳細を見る


2003年の作品で、久々のバンドサウンドになっています。シンフォニックなヘヴィメタみたいなサウンドになっています。どうしてバンドでやるとこうもイモっぽくなってしまうのでしょうか。まるで80年代のプログレバンドの成れの果てみたいなサウンドをこの時期に再現して、受けるとでも思ったのでしょうか。この辺の感覚が理解出来ません。

1. Out There
2. The Mission
3. To Be With You
4. Universe of Sound
5. Music of Love
6. Cathedral of the Sky

バックメンバーはこれまで以上にしっかりと固めて、ギターがFraser T SmithとAnt Glynne、ドラムがTony Fernandez、ベースがLee Pomeroy、そしてヘヴィメタなボーカリストDamian Wilson、お馴染みのEnglish Chamber Choirがコーラスで参加しています。Columbia space missionに携わった宇宙飛行士へ捧げられた作品になっています。なので宇宙管制塔みたいなSEが入っています。

メロトロンやイエス時代の音色を使ったりして、リックは頑張って演奏していますが、この古くさいスタイルを真面目にやると言うのも、この人の感覚はどこかずれている感じがします。演奏は勿論巧いですし、コンセプトも悪くはないでしょう。しかしこのギターサウンド、ヘヴィメタなボーカル。あまりにもベタであり、リックが起用するボーカリストはいつもださかったりします。ヘヴィメタにしてもギターリフがいまいちですし、ヘヴィメタやるならやるで、もっとイマジネーションのあるギタリストを採用すべきなのに、いつも彼のバンドメンバーの選択は中途半端です。

Out There
The Mission

Music of Love

Cathedral of the Sky

スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6061-54a11f96
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ