FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130401]

DigDig
(2005/06/21)
Bill Bruford

商品詳細を見る


89年の作品で、Earthworksとしてのセカンドアルバムになります。音楽的には変化はありませんが、ベースがフレットレスですが、エレクトリックベースを演奏するようになっています。明らかにフュージョンの表明と言うか、ウェザーリポートを意識しています。ラテンやトロピカルなエッセンスも加わっていてポップな曲もあります。Dave Stewart は今回は参加していませんので、Django Batesがシンセも演奏しています。

1. Stromboli Kicks
2. Gentle Persuasion
3. Downtown
4. Pilgrim's Way
5. Dancing On Frith Street
6. A Stone's Throw
7. Libreville
8. Corroboree
9. Emotional Shirt
10. Pigalle

デジタルシンセによる白玉コードもありますので、フュージョン色は強まっています。シンセドラムによるスティールドラムのような演奏もポップさの要因になっています。クリムゾンでは演奏する事の無いようなドラムパターンなど、本来自分がやりたかった事を楽しんでいるようです。プログレファンよりもフュージョンファン向きである事は間違いありません、

ギターレスであり、主旋律はサックスやトランペットですからロックファンには馴染みにくいかもしれません。それでも一番ビルブラッフォードらしい演奏になっていると思います。ファーストで行われていたスウィング感も薄らいでいますし、明らかにフュージョン宣言しています。そうなってしまうと新しさはなくなり、ビルのドラムもバッキングに徹していたりして、バンドとしてのまとまりに入ってきています。

Stromboli Kicks
Gentle Persuasion

Downtown

Dancing On Frith Street

A Stone's Throw

Libreville

Emotional Shirt

Pigalle
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6075-148203ca
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ