FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130628]

ZoomaZooma
(1999/09/14)
John Paul Jones

商品詳細を見る


99年の作品で、やっと性s機なオリジナルソロアルバムとなりました。クリムゾンのDiscipline Global Mobileレーベルからリリースされていて、最近のクリムゾンのようなメタリックへヴィープログレになっています。ハードフュージョンという感じもしますが、かなりアグレッシヴな演奏で、元ツェッペリンのメンバーのソロの中では一番面白い事になっています。

1. Zooma
2. Grind
3. The Smile Of Your Shadow
4. Goose
5. Bass 'N' Drums
6. B. Fingers
7. Snake Eyes
8. Nosumi Blues
9. Tidal

ピックでブリッジ付近でバリバリに弾いているパキパキなベースサウンドが印象的なZooma、曲ごとに様々なベースを弾き分けていて、ベーシストらしい作品になっています。ドラムがPete Thomas、トリッキーなギターを弾いているのがPaul LearyとTrey Gunn、パーカッションのDenny Fongheiser、プロデュースはJohn Paul Jonesで、打ち込みは無く、生演奏による一触即発の攻撃的な演奏は初期のハードフュージョンを連想させます。

ドラムンベースのようにドラムを主体にしたのとは違ってベースを主役にしたBass 'N' Drumsなど、ベーシストとしての主張を行っていますが、それ以外にもギターやキーボード類などマルチな演奏を行っています。後期ツェッペリンは独自のリズムの追求を行っていましたが、それをそのままソロでもやっていたジミーペイジとは違って、違う角度からその続きを追求しているような挑戦的なところが素敵です。久々に痛快なロックに出会える素晴らしい名盤です。

Zooma
Grind

The Smile Of Your Shadow

Goose

Bass 'N' Drum

B. Fingers

Snake Eyes

Nosumi Blues

Tidal
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6258-b62be02b
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ