FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20061123]

The Man-Machine The Man-Machine
Kraftwerk (1995/09/26)
Universal
この商品の詳細を見る


ヨーロッパ特急で自信をつけた彼等は、より無機質でポップな世界を創り出しました。今回のテーマはロボット。いかにもな題材です。これまでの実験的な部分は影を潜め、より簡略化された規則正しいリズムになっています。その為ディスコなどでもかけられ、ロボットダンスなどというものまで出てきました。

1. Robots
2. Spacelab
3. Metropolis
4. Model
5. Neon Lights
6. Man-Machine

この冷淡な感じはイギリス勢に共感を与え、多くのフォロワーが出てくる事になります。ドラムもシンセで創り出されております。ちょっと前までこの時代のようなチープな音色が流行った事がありましたが、アナログシンセというのは現在でも通用するものがあります。80年代のデジタルシンセの風化したサウンドとは質感が違います。

歌もヴォコーダーで短略化されたメロディーでテーマをリフレインして行く様は、プログラミングされたロボットのごときであります。Modelでは完璧に歌っています。これはイギリスのテクノポップの原型のような曲です。全体的には淡々としていてリラックスした世界になっています。緊張感をもたらすようなものはありませんが、ちょっとした音色とかの工夫の仕方などにはっとする時があります。クラフトワークというイメージに一番近い作品でしょう。絶頂期の作品です。

Robots

Spacelab

Metropolis

Model

Neon Lights

Man-Machine
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/649-680412eb
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ