fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20131104]

ホワイト・レディホワイト・レディ
(2002/12/18)
バジャー

商品詳細を見る


74年のアルバムで、イギリスに戻ったロマックスは、元イエスのキーボードTONY KAYEが結成したBadgerのこのセカンドアルバムにリードボーカルとして参加しました。曲も全て彼が書いていて、プロデュースは彼の意向が通じてALLEN TOUSSAINT が担当しています。TONY KAYEのバンドなのでプログレを期待してしまいがちですが、このバンドはブルーアイドソウルなバンドなのでありました。

1. A Dream Of You
2. Everybody Nobody
3. Listen To Me
4. Dont Pull The Trigger
5. Just The Way It Goes
6. White Lady
7. Be With You
8. Lord Who Give Me Life
9. One More Dream To Hold
10. The Hole Thing

この時のバンドメンバーはドラムのROY DYKE、ベースがKIM GARDNER、キーボードがTONY KAYE、ギターがPAUL PILNICKで、ボーカルがロマックスになっています。タイトル曲のWhite LadyではJEFF BECKがゲストでギターソロを披露しています。ホーンセクションを配したソウルバンドであり、当時売れていませんでしたが、イギリスにはいくつかのホワイトソウルバンドが存在していました。ユーリズミックスの前身のトゥーリスト、ロバートパーマーが在籍していたビネガー・ジョーなど、地味ながら熱いソウルを演奏していたのです。

彼らのソウル指向は80年代になってやっと報いられます。しかし、このバンドもロマックスもその後報われる事はありませんでした。ロマックスはよくバンドに誘われるくらい素晴らしいボーカリストなのですが、どうもバンド向きではないようで、再びソロに戻ります。それにしてもリーダーであるはずのTONY KAYEのキーボードが全然目立ちません。歌が主役な作品です。

White Lady Full Album
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6536-d5b0df72
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ