FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140322]

Symphonie Pour Un Homme Seul/LSymphonie Pour Un Homme Seul/L
(2000/08/22)
Pierre Henry

商品詳細を見る


ピエール・シェフェールはもう一人の現代音楽の巨匠ピエール・アンリと意気投合してミュージック・コンクレート研究グループを設立し、二人のコラボレート作品を多く残しています。これもその一つで邦題は一人の男のための交響曲です。既存の楽器を使わない作品を出していましたが、ここでは既存の楽器も人の声や歌声も使われています。しかし、それらは録音されたものであり、楽器を演奏している訳ではありません。

1. Symphonie Pour Un Homme Seul
2. Le Voyage

現代音楽は楽譜として残せるものもありますが、そのほとんどが五線譜上には書ききれないものになっています。その多くが発明のようにひらめいたアイデアに基づいて、音階などの既成概念にとらわれない表現が成されます。楽器ではない音も音楽の一つとして捉えています。それらを録音したテープを繋ぎあわせるカットアップの手法で制作されているのがこの作品です。ある程度の意図は持っていますが、テープを繋ぎあわせて生まれる偶然性も必然と見なして曲にしています。

ロック界に最初に現代音楽と言うものを広めたのはオノヨーコだと思います。ビートルズのホワイトアルバムのレボリューションNo.9はコンクリートミュージックになっています。オノヨーコはジョンレノンと出会う前は前衛芸術家でしたので、それらの手法をジョンに手ほどきしたら、新しいアイデアが生まれていったのです。その元祖がこれらの作品になります。電子楽器も使いますし、レコーダーで遊ぶように創られています。現在の録音技術の常識は当時はまだタブーな時代であり、それらを切り開いていったのがピエール・シェフェールとピエール・アンリです。

Symphonie Pour Un Homme Seul
Le Voyage - Part 6: The Coupling

Le Voyage 9 Divinités paisibles
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6851-2494217e
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ