FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140330]

Boulez: Repons, Dialogue de l\'ombre doubleBoulez: Repons, Dialogue de l\'ombre double
(1999/01/04)
Pierre Boulez、 他

商品詳細を見る


IRCAMの電子音響技術を駆使してオーケストラを物理モデル音響合成という技術で表現し、電子音源を加えたブーレーズの代表作Reponsとクラリネットをテープ処理し、電子音を加えた二重の影の対話のカップリングアルバムです。現在ではハードディスクレコーディングによって生演奏に加工処理する事は簡単になっていますが、80年代初期にそれらを実現するIRCAMの電子音響技術を開発して制作されています。

1. Repons
2. Dialogue de l'ombre double

80年代にマックは登場していますので、コンピューターによるプログラミングは可能でしたが、オーディオ音源を扱えるまでには後10年以上の歳月が必要でした。ですから、この技術は画期的なものと言えたのでしょう。しかし、各音源をトラック別にレコーディングしてエフェクト処理する事も可能でしたが、ブーレーズはライブで実現出来る装置を求めていたのです。そしてやっと満足のいく効果を得る事が出来て、この作品が実現したのです。

生演奏している楽器に様々な加工を施して、アンビエントな雰囲気を生演奏で披露したのです。マルチエフェクトのかなりの上位機種のような効果が得られて、その効果付けも作曲の一部でありました。ロック界でもライブでのミキシング処理で部分的にエフェクトをかける事をやっているのですが、当時はまだエフェクト処理をプログラミングする技術は無く、人間の操作に任せていましたが、この機会はプログラミングする事が可能だったのです。現在のDTM環境では当たり前になっている事も、この頃に苦労して作り上げられていたのです。

Repons
Dialogue de l'ombre double
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6868-760261e2
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ