FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140416]

Reich;Six PianosReich;Six Pianos
(1994/04/19)
Various Artists

商品詳細を見る


73年の作品で、6台のピアノの為に作曲されました。ピアノだけではなく、鍵盤楽器、マリンバなどを用いる場合もあります。少しずつ変化していくシーケンスパターンの組み合わせで、プロセス自体が構造であること、主体の不在、加算プロセス、常に変化を内包する繰り返しというコンセプトで創られています。

1. Six Pianos

三人のピアニストにより異なったパターンを組み合わせ、二人のピアニストが同じパターンの位相がずれで絡んできます。やがて調性が変化していって複雑なミニマルミュージックへと発展していきます。フレーズ自体がリズムを含んでいて、一定のリズムにアクセントの配置を変化させていく事で、機械的なシーケンスに表情を出させています。

単純なミニマルからより複雑な構築を志すようになり、楽器の組み合わせによって、多くの作品群を創りだしていますが、このシーケンスは後にシーケンサーという機械に打ち込むのが主流になる時代には、ライヒのシーケンスパターンは多くのプログレッシヴロックのミュージシャンに模倣されていきます。しかし、ロバートフィリップやピエール・ムーランなどは手弾きで再現しています。

Six Pianos
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/6901-dedbeac2
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ