FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150110]

25 Years On25 Years On
(1985/01/01)
Hawkwind

商品詳細を見る


78年のアルバムです。Hawkwindは一時解散していた為、新しいメンバーを補充してHawklords名義でリリースされたアルバムになります。サウンドもがらっと変わっています。ニューウェイヴというよりも、普通にルーリードのような曲調になっていたり、フォークロックとテクノが混じったようなサウンドになっています。プログレっぽい雰囲気もあったりして、流行を捉えながらも無視したような諸行になっています。

1. Psi Power
2. Free Fall
3. Automoton
4. 25 Years
5. Flying Doctor
6. The Only Ones
7. (Only) The Dead Dreams Of The Cold War Kid
8. The Age Of The Micro Man
9. Psi Power (Single Version)
10. Death Trap (Single Mix)
11. 25 Years (Single Mix)

再びツィンドラム体制になっています。シンセの使い方もテクノっぽかったり、プログレっぽかったり、スペイシーサウンドになってみたり、やりたい放題状態になっています。そもそも流行に従う事無く活動していたバンドでした。それがパンク、ニューウェイヴの影響を受けながらも、再び自分達のスタイルに戻っていっています。ニューウェイヴ感覚を持ちながらのスペイシーサウンドです。

メンバーの脱退などがあり、解散となっていましたが、ほとんどHawkwindのアルバムであり、やっている事は変わっていません。ただし、ニューウェイヴの衝撃は彼らに新たな方向性をもたらしたのは確かです。前作がデヴィッドボウイのロウなら、このアルバムはヒーローズのようです。中にはブライアンフェリーのような歌い方になっているのもあります。グラムロックとクラウトロックが混じったようなニューウェイヴになりかけのユニークな作品です。

Full Album

Death Trap
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/7455-9402e7bb
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ