FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171202]

Handwriting
(1998/07/14)
Khonnor

商品詳細を見る


アメリカのミュージシャンConnor Kirby-Longの一人プロジェクトKhonnorの2004年のファーストアルバムであり、フルアルバムとしては唯一の作品になっています。イギリスのマンチェスターサウンドに似た雰囲気をエレクトロニクスで再現しているようなスタイルになっています。後期フリッパーズギターのようでもあります。という事は渋谷系なのか?

1. Man From The Anthill
2. Daylight And Delight
3. Megans Present
4. Dusty
5. Crapstone
6. Kill2
7. A Little Secret
8. An Ape Is Loose
9. Phone Calls From You
10. The Stoned Night
11. Screen Love, Space, And The Time Man
12. I Was Everything You Wanted Until I Quit
13. Tattletalent (Encore)

エレクトロニカなサウンドですが、曲自体は歌ありのマッドチェスターのようであります。サイケというよりアシッドな感じ。哀愁のあるシューゲイザー。それをラップトップで再現しているのでエレクトロニカのようでもありますが、一人マッドチェスターというのが正解かと思います。アメリカからこんなサウンドが登場してくるというのが面白いところで、アメリカのメジャーはクソつまらないですが、インディーズは捨てたものではありません。

電子音はほど多くありません。ギターなどの生演奏とサンプリング素材で作られています。メランコリックなサイケデリックミュージック。それをブレイクビーツなアレンジで表現する。フリッパーズギターなどの日本のインディーズに近い感覚を持っています。イギリスだったらもっと知名度が上がっていたと思いますが、アメリカではイマイチ売れなかったようです。日本でも売れると思いますので、日本のインディーズと契約すればかなり違っていたと思います。

Full Album
Man From The Anthill
スポンサーサイト




コメント

□ はじめまして。こんにちは❁ from 白空

淫美さんはじめまして。
多分…初めてお邪魔しています。Khonnorのアルバムを紹介して頂いて大変嬉しいです。
何故なら…彼はもうずっとわたしにとって少年神として愛し続けてきた特別なArtistだったからです。
でも、悲しいことにしょっちゅう彼の名前で検索するということがだんだんなくなって来ていました。
すごく悲しいですが、彼はもう戻っては来ないような気がしていたのです。

それが…つい昨日、ふとその話題になって彼の名前で新しい記事はないかと久しぶりに検索してみたのです。
すると信じられないことに、彼が別名義によって復帰したという記事を見つけました。
彼がライヴをやってる映像が最後にUPされていたのは多分2011年の終り頃で、それ以降、彼は一体どこでどうしているのか、わたしの知る限り何の情報も得られませんでした。
生きているのかなぁ…元気でいるのかなぁ…とずっと心配ではあったのですが、戻ってきてないだろうなあ…と想っては、勝手に悲しんだりしていました。

それなので、彼が戻ってきたということが信じられなくって、同時にものすごい喜びで今いっぱいです。
その新しい彼にとって二枚目のフルアルバムであるそのアルバムがまた、聴けば聴くほどにすごく良くなってくるアルバムで、ずっと聴いています。
もし御興味がありましたら、淫美さんも是非御試聴ください。
彼の新しい名義のSoundCloudからアルバムを無料でダウンロードすることができます。
https://soundcloud.com/cclcng

わたしは音楽が大好きなのですが、レビューがクソヘタで…汗
もし淫美さんが書きたくなったら、是非、彼のニューアルバムをレビューしてください。
彼のブランク期間については、本当の驚愕物で、「Khonnor returns as CCLCNG」でGoogle検索すると出てきます。
それでは、これからちょくちょくお邪魔させて貰いたいと想います。
お元気で( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

2020-06-16(Tue) 14:38 | URL | #- [ 編集 ]


□ 追記 from 白空

わたしが昨日youtubeにアップロードした彼のニューアルバムからの曲です。
まだ0回視聴ってなってます(笑)
これの概要のところにダウンロードサイトのURLも載せています。
彼の「Handwriting」しか知らない人が聴いたら、その変容振りにぶったまげると想います。

2020-06-16(Tue) 14:44 | URL | #- [ 編集 ]


□ Re: はじめまして。こんにちは❁ from SAMARQAND

こんなマニアックなアーティストを知っているというのも、応援しているというのも驚きです。こういう人たちに注目が当たるといいですね。

2020-06-16(Tue) 18:33 | URL | #- [ 編集 ]


□ Re: 追記 from SAMARQAND

URLを教えていただけると助かります。

2020-06-16(Tue) 18:34 | URL | #- [ 編集 ]


□ お返事を誠にありがとうございます。 from 白空

淫美さんこんにちは。
確かに音楽が相当好きな人やアーティストでもKhonnorってだれ?って人がほとんどだと想います。
でもわたしは実は2003年頃にKhonnorがこのアルバムを出す前から知っていて、あるソフトで無料でダウンロードして彼の音楽をよく聴いていました。(彼はものすごい大量の未発表曲を持っています。)

それが翌年に当時付き合っていた彼氏が偶然にもこのアルバムを買って持っていて、マジで吃驚しましたね。
「なんで持ってんの?!」って感じでした(笑)
それで貸してもらって初めて聴いたら完成度の素晴らしさに度肝を抜かれました。
こんなアルバムを16,7歳で創れるアーティストはそうはいないです。

しまった…!URLを載せるのを忘れておりました!真に申し訳ない。

うーん…何度やっても書き込み制限で投稿できないようです…URLが問題なのでしょうか…?
一応youtubeのタイトル名を載せますね。
「Cclcng - Country of Mazes」でGoogleで動画検索すると出てきます。

本当に、一人でも多くの人たちに聴いてもらいたいと願っています。

2020-06-17(Wed) 12:58 | URL | #- [ 編集 ]


□ Re: お返事を誠にありがとうございます。 from SAMARQAND

Cclcng - Country of Mazes聞きました。
なんでしょうこれは、ダブでもないし、エレクトロニカの変態的な解釈とでもいいましょうか。すごいですね。

2020-06-17(Wed) 19:43 | URL | #- [ 編集 ]


□ こんばんは★ from 白空

淫美さん、またお返事をありがとうございます。
聴いてくださって、本当に嬉しいです。

無理やりにジャンルに当て嵌めるなら、彼の今回のニューアルバムは”複雑なIDM”とか”Glitch(Glitchstep?”とかに入れることはできると想うのですが、わたしの知る限りではここまでのノイズやリズムや展開等が複雑で、その無機質な音にこれほど情緒的で感情深い音やヴォーカルを入れている音楽は知らないですね。

だから今まで聴いたことのないアルバムをまたまた創ってくれて、ものすごく感動しています。
彼が経験してきた悲しみを想像して、涙も出ました。

一度や二度で理解するのは大変困難なアルバムだと想うので、是非何度も聴いてみて欲しいなと願っています。

2020-06-19(Fri) 01:23 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9087-f29b070e
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ