FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180811]

Maybe I Told A Small Lie
(1998/07/14)

Tape Loop Orchestra商品詳細を見る


2011年のアルバムです。自主制作で200枚限定でリリースされていました。1曲のみの完全なアンビエント作品になっています。最近ではアンビエントも多様化しており、ここまで純粋にアンビエントな内容になっているものは珍しいと思います。それ故に自主制作になっているのでしょう。

1. Maybe I Told A Small Lie

Tape Loop Orchestraという名義ですが、本当に昔みたいにテープによるループ作業をしているのでしょうか、だとしたらフリッパートロニクスのような2台のテープデッキをループさせないと、こんなドローンサウンドは作れないと思います。そういうアナクロな作業をするのであれば、あえて現在、このような作品を作る意味はあると思います。

しかし、同じ結果をサンプラーで代行する事が出来ます。サンプラーで作っているとしてもおかしくはありません。違いがあるとすれば質感です。テープは回転しますから、ワウフラッターによる周波数変化が起こります。意図的にその効果を出す為にテープデッキを使っているとすればマッドサイエンティスト並みの変態であります。音源はほぼモノであり、ステレオに広がっているのはホワイトノイズです。左右に振り分けられた音源も登場しますが、元はモノラルな音源のようです。ここまでアナログな質感にこだわっているというのも珍しいと思います。

Full Album
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9406-03c35997
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ