FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20181115]

Antenna
(1998/07/14)

Pilote商品詳細を見る


イギリスのプロデューサーStuart Cullenの一人プロジェクトPiloteの99年のファーストアルバムです。サンプラーを多用したエレクトロニカです。サンプラーの使い方はブレイクビーツとしたらかなりゆるい感じの組み立て方です。しかしドラムパターンなど、これまでに無かったパターンを組み立てており、新しい時代を予感させる内容になっています。

1. Turtle
2. Short
3. Microphones
4. National Lottery
5. Shit Funk
6. Myth
7. Taken
8. Message From The Bigman
9. No Truck
10. Up Or Down

90年代を席巻したブレイクビーツ、ドラムンベースは終焉を迎えており、そのジャンルのミュージシャンの多くがエレクトロニカやアコースティック楽器をサンプリングした作風、つまり後のフォークトロニカになるようなサウンドになっていく中リリースされた作品です。ブレイクビーツというよりビッグビートに近いフレーズサンプリングで構築されていますが、ビッグビートよりももっとゆるく、レコードからのサンプリングでは無いようなので異質な感じがします。

流石にプロデュース業をやっていただけあって、これまでの作風とは違う抜け道みたいなものが見えているからこそ作り得たスタイルになっていると思います。こういう使い方も出来る、こうしたらもっと良くなる、という事が見えているからこそ自分で作品を作ってみようという気になったのでしょう。ブレイクビーツのパターンに辟易していたのは私だけでは無かったという事でしょう。しかし、当時このゆるさは馴染められてはいなかったと思います。それでも後のフォークトロニカを予感させる先見の明が伺える内容になっています。

Turtle
Microphones

National Lottery

Shit Funk

Myth

Taken

Message From The Bigman

No Truck

Up Or Down
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9529-4d8f225f
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ