FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20181209]

One Of These Days I'll Get It Right
(1998/07/14)

Jim Guthrie商品詳細を見る


2014年の作品でSolid Masとのコラボレート作品になります。人のアルバムに参加する事も多かったのですが、これ以降はコラボレート作品ばかりになっていきます。ソロとしては一つの達成感があったのでしょうか、違うタイプのミュージシャンとコラボレートする事によって新たな境地を拓こうとしているようです。

1. Intro
2. And We Dies Younger
3. Ode To The Boom
4. Personal Humans
5. Feeling Sunk
6. Flaws Run Deep
7. The Stankiest Tree
8. Lenny Bones
9. Lamenting Jim
10. Red Rust
11. Starring Loners
12. Peculiar Plants
13. We Search
14. The No Glow

このアルバムの特徴はこれまでのJim Guthrieに無かった部分である、ヒップホップの要素を全面に出している事です。ターンテーブルやサンプラーの使い方もこれまでのJim Guthrieに無かった部分であり、ビートの作り方もJim Guthrieに無縁の部分でした。というかあえてこのスタイルはやらずにいたのでしょう。しかし、やるにしてもその感性は持っていなかったと思います。なのでここでそのジャンルの人とコラボレートする事によって、新境地を楽しんでいます。

いくつかの作品でコラボレートした曲を集めた形になっていて、この作品のみでの共演となります。こうしたリミックス感覚の作り方にも興味があったと思いますが、この手のスタイルは本当は好きでは無いと思われます。ただ、これからの作品作りの肥やしになっていく事は間違いありません。かなり素材で遊んでいる感じがしますが、全体的には統一感があります。

Full Album
One of These Days I'll Get It Right
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9560-e7b37f59
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ