FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190201]

An Ep Collection
(1998/07/14)

Balún商品詳細を見る


2006年のアルバムで、初期の頃に発売していたEPから編成されたベストアルバムになっています。初期の頃はそれほど明るくもなく、エレクトロバンドとしてマニアックな世界観を持っていた事が分かります。徐々に活動を続けていく中でドリーミーなポップ感覚を身につけていっている事が分かります。

1. Bicicleta de Cristal
2. ¿Qué Hora Es?
3. Bit Demo
4. Hoy Es un Dia Nublado
5. SR. Ondes Martinez
6. Extracto Uno
7. Trineo Eléctrico
8. Correo Especial
9. Porque Si (Prueba)
10. Senecio
11. De Noche
12. Gummi
13. Hay una Piscina en La Nube
14. Juno
15. Carrera
16. I Shouldn't Do This
17. Senecio (Revisited)
18. While Sleeping
19. Snol

バンドとはいえ、電子楽器をいじっていればいろんなアイデアが浮かんでくる事でしょう。それをバンドでやる時にそれぞれがやりたい事を出し合えばマニアックな内容になる事は必然で、それをバンドとしてどうやってまとめていくかが課題だったはずです。活動をする中で、それが段々とこなれていき、洗練されていく様が聴き取れます。

ライブも重ねていけば何が受けるか、バンドとして盛り上がれるかが見えてきます。そうやってバンドとしてのスタイルを確立させいってる様子が伺えるのは、ファンでない方も親しみやすくなれる内容になっていると思います。とてもニューヨークらしい実験性も秘めていて、単なるエレクトロポップバンドでない事が理解出来ると思います。

Bicicleta de Cristal
Bit Demo

Senecio

I Shouldn't Do This

Snol
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9630-a468d33d
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ