FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190204]

Time Travel
(1998/07/14)

Alessi's Ark商品詳細を見る


2011年のアルバムです。インディーズのBella Unionレーベルに移籍しています。たった1枚のアルバムで手放すほどメジャーは経済的にも感性的にも貧困しているとしか言いようがありません。流石にインディーズにもなるとオーケストラを雇う金もありませんが、バックメンバーは沢山参加しています。そこは彼女の人望なのでしょう。

1. Kind Of Man
2. Wire
3. On The Plains
4. Must Have Grown
5. Time Travel
6. The Fever
7. Blanket
8. Maybe I Know
9. Stalemate
10. The Robot
11. Run
12. The Bird Song

カントリー系フォークソングを現代的に洗練させた感じという変わりはありません。しかしブリットポップっぽい感じは薄れています。あれはVirginの策略だったのでしょうか、だとしたらVirginもまだまだ捨てたものではありません。ファーストは単なる弾き語りによるフォークソングを超えるような内容で良かったと思います。しかし、基本はこの作品のように弾き語りをベースにした作風なのでしょう。だとしたら彼女の方から去っていったのかもしれません。

現代の女性版ニールヤングのような曲調ですが、彼女の歌声は澄んでいるの、そこは分かりにくいと思います。それに今回は明るめの曲が多いので、自ら方向修正してきたのか、アルバムのトータルイメージを重視したのか、今後の向かっていく方向性が気になるところです。あまり形式張ったフォークソングではありませんので、いろんな可能性を秘めていると思います。今後どう化けるか楽しみです。

Kind Of Man
Wire

On The Plains

Must Have Grown

Time Travel

The Fever

Blanket

Maybe I Know

Stalemate

The Robot

Run

The Bird Song
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9634-b0280a38
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ