FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190425]

Larva
(1998/07/14)

Eivor Palsdottir商品詳細を見る


2010年のアルバムです。デジタルサウンドも入って大きな変貌を遂げました。曲も自分だけでなく、共作やカバー曲などがあり、トリップホップにオーケストラを加えながらもロックな作品になっています。歌い方もかなり感情的になっていて、これまでのようなフォーク的な歌い方とは別物になっています。

1. Undo Your Mind
2. Fill the Air
3. Wall of Silence
4. All Blue
5. Waves and The Wind
6. Is It Cold Outside
7. Even if The Sun Don´t Shine
8. Hounds of Love
9. Vøka
10. So close to being free
11. Stay in The Light

アレンジが変われば歌の旋律のつけ方にも変化があり、これまでのようにトラッドフォークにこだわった作りとは違って、かなり色気も感じられます。ジャンルを超越した、シンガーとしての実力を示した内容とも言えます。これまではフォーク、ジャズ、クラシックに限られていたものが、いろんなしがらみを解き放ったような作品となっています。

デジタルサウンドが加わった事で、世界的にも知名度が上がり、注目されるようになっていますし、それに見合うだけの実力を身につけています。これまで学んできた事が見事に身を結んだ結果だと思いますが、ここまでやってのけるとは誰も想像出来なかった事でしょう。それだけ自信に満ち溢れた内容、パフォーマンスになっています。

Undo Your Mind
Fill the Air

Wall of Silence

All Blue

Waves and The Wind

Is It Cold Outside

Even if The Sun Don´t Shine

Hounds of Love

Vøka

So close to being free

Stay in The Light
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9733-22a2b90f
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ