FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191114]

Lasted
(1998/07/14)

Benoit Pioulard商品詳細を見る


2010年のアルバムです。アメリカはポートランドに住むThomas Meluchの一人プロジェクトですが、フィールドレコーディング等を加工して、アンビエント、シューゲイザー風な部分が強調されるようになっています。アコースティックギターだけでは無く、エレキギターも弾きながら、トラッドフォークをよりプログレッシヴにした曲調になっています。

1. Purse Discusses
2. Sault
3. RTO
4. Gloss
5. Tie
6. Shouting Distance
7. Fluoresce
8. Lasted
9. Weird Door
10. Ailleurs
11. Passenger
12. Tack & Tower
13. A Coin On The Tongue
14. Nod

バックアレンジはプログラミングっぽさを払拭して、バンド演奏っぽいアレンジになっています。そうする事によってアンビエントでエフェクティヴなサウンドとフォーク調な楽曲の対比を明確にしています。ソングライターとしてだけでも素晴らしい曲を書いていますが、それを独自のサウンドメイキングするコンセプトも徹底しています。

XTCとニックドレイクを混ぜ合わせたような弾き語りで、テンションな音程で歌っているので浮遊感があります。そこにエフェクティヴなサウンドを当てはめる事によって混沌としたサイケ感を演出しています。そのサウンドエフェクトを過剰だと感じさせない空気感、インディーズにとどめておくにはもったいないほどの才能に溢れています。ヒット性は持っていないとしても、このダウナー感は多くの支持を得られると思います。

Purse Discusses
Sault

RTO

Gloss

Tie

Shouting Distance

Fluoresce

Lasted

Weird Door

Ailleurs

Passenger

Tack & Tower

A Coin On The Tongue

Nod
スポンサーサイト




コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

https://samrqand.blog.fc2.com/tb.php/9993-4f7ba799
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ